無農薬野菜とは何か?

昔のように自給自足だった時代とは異なり、食材を生産する側と消費する側との区別が明確に出来ている時代では計画的になおかつ大量に食材を生産しなければならなくなりました。
そのような経緯もあって農薬を使わなければ市場ニーズを満たせない状況になり、激化する価格競争を乗り切るために生産者もむしろ積極的に農薬を投入するようになって行った分けです。

しかし、野菜の中の残留農薬が人体に甚大な悪影響を及ぼすことが後年改めて意識されたことで、従来のように農薬を使わずに野菜を生産して行こうという流れが出てきました。
ところが、生産者の中には農薬を使わないことによるコスト高に対して非常に神経質になり、農薬を使っているのにも関わらずに無農薬野菜として販売するなどの問題も起こっています。
無農薬野菜は基本的に害虫が現れても農薬を投入して対策とすることが出来ませんので、如何にして害虫を未然に防ぐかということに注意を払わなければなりません。

確かに、その野菜を生産する際に農薬は使ってはいないものの、それに使用される土などが以前に別の農作物を作っていた場合は農薬を使っていないとは言い切れないこともあるでしょう。
そのため、その時点にて無農薬で作られた野菜が本当に無農薬なのかという問題は別に存在しているのです。
ただし、無農薬野菜は農薬を使用した野菜よりも外観的に良くないという事情もあって、農家とすれば安全なものを作りたい気持ちを持っていても見た目にこだわる日本人への販売のためには無農薬野菜を作りきれないという事情もあるでしょう。